2015年10月25日

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2015年10月20日

PM2:20
マリアママのご出現

2回目の休憩の時に、みんなで悪魔ばらいをしてくれて、その時に「帰ったあとも続けてやってください。」って聞こえてきたんだけど、それをジャン・マリーに伝えて待っているところ。

マリアママ
「聖母がお話します。ジャン・マリー司祭にお話します。ロンジン・マリーとフランソワ・マリーの2人にジャン・マリー司祭が同じ意向でマリア・アントニアの為の悪魔ばらいを協力して一緒にやってもらうようにしてください。今までの経過でわかると思いますが、とても強力な悪魔が近くにいます。マリア・アントニア自身も1人では何もできない状態で過ごしてきました。今までさんざんな目にあってきました。とてもしつこい悪魔で、なかなか立ち去ろうしません。ここで皆の協力が必要です。将来のために役に立ちます。良い経験になると思います。今までの忠実に従ってきてくれていることを感謝しています。司祭の祝福をロンジン・マリーとフランソワ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー司祭
「全能なる天主にまします、父と子と聖霊との祝福、ロンジン・マリーとフランソワ・マリーの上にくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

マリアママ
「未来の司祭たちが集まっているところで、更に具体的な話をしてください。ミサを続けてください。」

状況説明:
えっと、マリアママはいつも、皆のお母さんなんだけれども、またちょっとひとこと言わせてくださいって感じで来てくれて、私たちが帰ったあとでも悪魔ばらいを続けて下さいって、伝えてくださいって、今回の旅行で未来の司祭になる人たちの間でもっと具体的なことを話してくださいって言われて、本当に近くに・・、とっても近くにいるような感じがしてる。
posted by こるべまりい at 23:16| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2015年10月17日

AM1:32
マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん、マリアママのご出現

マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん
「約束どおりに来ました。マルガリータ・マリア・アラコックが話します。マリア・アントニアの私との出会いは、カナダで初めて見学に来た時でした。その時に聖堂のすみに置かれていた私の像を写真に収めたと思います。その時の写真を後で現像した時に、不思議な写真になっていた事を思い出してください。み心の事について、また黙想をしてください。ここからは少しおもしろいことをしたいと思います。ジャン・マリー司祭におねがいがあります。名古屋に行く時まで、ここから後のメッセージは内緒にしておいてください。」

ほかにありますか?って聞いて、めでたしを祈って待っていると、

マリアママ
「最後にマリア・アントニアにお話します。とてもゆれる事を知っています。ますます悪魔の攻撃が激しくなってきています。今までの私はあなたの事を準備してきていた事を思い出してください。一番良い瞬間にあなたをみちびいてきました。今、心を開いてくれていることをうれしく思います。必要以上に心配するということは良い実りを結ばないということを前にも伝えました。すぐにジャン・マリー司祭に伝えることを続けてください。」

状況説明:
うんーとお、マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんは、おもしろい人だなって思った。すごくかたいイメージがあって・・。でも、そうじゃないんだなって思った。そしておちゃめなところもあって、■■■■に対してもおもしろいことをしましょうっていうことを言ってくれて、その時にもまた悪魔のローキューションもあって、そんなことあるかって言われていた。■■■■に対して、不安になっているので直接言ってあげますって言ってくれて、そのあとに私のことで「ちょっとひとこと言いますよ」っていう感じで言ってくれたんだけど、前にも言われたことで、必要以上に心配することは良い実を結ばないと言われたことがあるんだけど、言ってくれてありがとうっていう気持ちになった。
posted by こるべまりい at 23:44| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2015年10月16日

AM11:42
状況説明:
2回目の休憩の時に、何気なくいつもジャン・マリーが座る、休憩の時にすわるいすのところで座って、カリスとか置いてある御聖櫃の方を見ていたんだけど、その時にパードレ・ピオの写真が置いてあるところがあるんだけど、その写真を見ていたら、パードレ・ピオの映画の1つのシーンを思い出されて、その映画の1シーンっていうのが、パードレ・ピオが子供だった時、まだフランチェスコっていう名前の時に、お父さんと教会に行ってミサに与る場面があって、急病の子供が母親に抱かれて入ってきて、聖ピルグリムの御像の前に置き去りにされるっていう、そのところで、聖ピルグリムがいやしてくれたっていうふうに見えるんだけれども、子供のパードレ・ピオと聖ピルグリムのやりとりで、親しく聖人とやりとりしているフランチェスコの対話とか、急病の子供がいやされた時のフランチェスコの聖人に対する「あなたはよくやりました!」っていう話し方とかの場面が浮かんできてたんだけど、そのあとフランチェスコのお父さんが「お前、また何かやったんだろ!」っていう言葉とかも思い出されて、そのあとに言葉ではないんだけれど、何が言いたいのかわかるでしょ!っていう感じ。言葉としては聞こえてなかったんだけど、インスピレーションがあって、悪魔のローキューションがあって、「お前の思い込みだ」っていうのがくり返し聞こえてきて、ジャン・マリーに伝えたら、「まだ続きがあるかも知れないから待っていよう。」って言って、パードレ・ピオに対して「続きがあるんだったら待ってるから続きをよろしくね!」って言った。いったん、パードレ・ピオの写真を見て、話をして終わったんだけれども、また来てくれるのを待っているところ。

PM5:50
マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんのご出現

ジャン・マリー司祭
「午前中にビジョンとインスピレーションをマリア・アントニアに誰が与えた?続きがあるはずなんだけども、あったらちょうだいね。そしてルカのことも、3日続けて事故にあうぎりぎりの目にあっているけれども、その時の保護に関して、すごく周りが光ってるって言ってる。えー。誰が守ってくれたの?それから彼女は早死にっていうことを感じていて、すごく気になっていて、そして自分の心が完成するまで戦わずに逃げてもいいかな?って、ちょっとまよってるって書いてきてるんだね。それから模範解答をさがすっていう傷をどうやったらなおるんだろって聞いてきてるんだけど、そしてジャン・マリーに対しての軽蔑する感情とかイライラとか、自分がいない、消えようっていう、いないほうがいいっていう思い。マリア・アントニアに甘えてるってことをできないってこと、Xさんが来たら消えてしまおうっていうとか、今回の事でジャン・マリーからマリアママおしえてちょ!って、ルカが自分の状況に必要を感じてマリアママに求めてきているんだ。これを与えてほしいんだ。」

今、祭壇の御聖体の所にすわっているんだけれども、ジャン・マリーに悪魔ばらいをしてもらいながら、そこで待っていた時に、言葉じゃなくて、祭壇の方に顔を向けて座っているんだけど、祭壇の方からいつもの悪魔のアタックとかの光とかじゃなくて、映画館とかで明るいところでドアを開けたら暗い所へ光が入ってくる様な、そんな感じの・・。えーっと、明かりがもれてこっちにちょっとすじが、光のすじがすーっと差し込む感じ。ちょっとうまく言えないんだけど・・。アタックだと・・。アタックだって思うんだけど、それで今ジャン・マリーに話をしてるところ。で、今、あのう聖体拝領のあとでっていうふうに聞こえた。

ジャン・マリー司祭
「えーっと、だれですか?パードレ・ピオ来てくれるの?午前中のビジョン、インスピレーション、そして今のビジョンは天からのものなの?」

マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん
「ずいぶんもったいぶる感じがすると思いますが、パードレ・ピオではありません。朝のビジョンを見せた者、そして今来ている私は、だれでしょう?」

ジャン・マリー司祭
「マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんだ!!」

マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん
「ほとんどわかっていると思います。でも、まだ言いません。おもしろいでしょう?とてもかたくるしいイメージのやりとり、天の人々との交わり、これらのことは何も知らない人にとっては理解ができないものです。私も数々の誤解をたくさん受けました。パードレ・ピオのような体験をマリア・アントニアはしていた事と思います。混乱の中で生きてきたので、自身のないまま今に至っています。これからは色の濃いものになっていきます。どうかとまどうことのないようにしてください。ジャン・マリー司祭のおねだりがすごいので、今言います。私はロンジン・マリーの妻であるマルガリータ・マリア・アラコックです。本当は聖体拝領の後にサプライズとして、そこでお話をしようと思っていました。私のイメージは、とてもかたいイメージがあります。でも好き嫌いがあって、普通の女性と変わりません。ただイエズスの直接の語りかけ、姿を見る事が出来たりとか、話をすることが出来たりした。そこだけが恵みとしてあっただけです。ひとりではまちがった方向に行ってしまうので、理解してもらえる人が必要になります。この続きはまたあとで・・。また来ます。」

状況説明:
えっと、正直なところびっくりしているんだけど、最初は聞いたことのない声で、だれなんだろうって思ってた。そしたらけっこう自分はだれでしょう?とおもしろく言ってくれてた。ジャン・マリーがおねだりが上手みたいで、「もう言っちゃうね!」っていう感じで言ってくれたんだけど、マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんだった。声の話し方っていうのは、マリアママよりは低い声で、でもはしゃぐのが好きそうな感じを受けたんだ。「大変だったけども、大丈夫だからね!」って言いたい感じだった。
posted by こるべまりい at 23:42| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2015年10月12日

PM1:25
ヨゼフパパのご出現

ジャン・マリー司祭
「ヨゼフパパ、えーっ玄関側の一階部分の屋根の事なんだけども、特にトイレ側の屋根の雨もりの事、雨もりしてる?してない?シート張る必要ある?張る必要ない?シート張るとすべりやすいし、ふとんが干せなくなるとか、そういうデメリットもあるんで、今年ボクは張らないつもりでいたんだけれども、雪の季節の半年の間、この雨もりでプールになってしまうというおそれがあったので、おしえてほしいんだけど、雨もりがあってプールになってしまうんだったらば張らなきゃいけないよね?ヨゼフパパおしえて、そしてボクに指示してね。張れとか張るな!とかね。よろぴくおねがいしまぷ。」

ヨゼフパパ
「こわがらないで聞いてほしい。ヨゼフが話をする。私をとてもしたってくれている、わが息子の質問に答える。雨もりはしていない。そしてシートを張る必要はない。」

ジャン・マリー司祭
「ヨゼフパパありがと!今、あなたの妻がいるので、あなたの妻に何か言ってあげてくれる?」

ヨゼフパパ
「私の愛する妻、クララ・ヨゼファ・メネンデスに話をする。このようにジャン・マリー司祭に聞かれると思っていたので、話すつもりでいた。いつもしたってくれている事はよくわかっている。そして一人になった時に、話しをしてくれている事を知っている。体の不調、そして精神的な苦痛など、とても忍耐している事も知っている。近くでいつもいる事を、とてもよくわかってくれている。私はとてもうれしい。そして毎朝始まる悪魔ばらいをして、なんとかのりきる努力をしてくれている。必ずいやされるという事を信じて待ってほしい。私の愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスにハグとキスをおくる。とても愛している。大好きだ!!その反応を見るのも楽しい。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスに特別にしてほしい。」

ジャン・マリー司祭
「全能なる天主にまします、父と子と聖霊の祝福、クララ・ヨゼファ・メネンデスの上にくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」「あのー。今の、えーと、苦しみの、えー、目的をおしえてちょ!彼女は何のために、これほど苦しみよっと?」

ヨゼフパパ
「あなたたちの身近な者たちの不従順、そして誤解、そして反感を抱いている者の救霊のためにお願いをしている。私は一度もまだマリア・アントニアに対して来なかった事は、決してあなたたちを見捨てていたわけではない。この時期になることを初めから知っていて、今日きた。クララ・ヨゼファ・メネンデスに、とても話がしたかった。心配はしないでほしい。いつもそばにいる。もういちど言う。とても愛している。これからもあたたかい人であってほしい。また近いうちに来る。」

状況説明:
 えっと、ヨゼフパパの声は思ったより高めの声だった。もっと低い声かと思ったんだけど、それでダンディーな感じ。何かすごく紳士的な感じ・・。ジャン・マリーの質問の時に、クララの事を言うつもりで最初からいた感じで、それで途中でプツッと切れたふうではなくて、あの、まだいる感じがしてたんだけど、そしたらやっぱりクララの事を言ってくれて、とても愛してるよ!って言ってくれて、恋愛ドラマを見ているような感じだった。
posted by こるべまりい at 22:42| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ 2015年10月11日

PM1:00
イエズスのご出現
 私は活ける(いける)パンである。私はただのパンではない。今のカトリックの信者のほとんどが何も思わず、ただ儀式的なものとして私を受ける。そんな形だけの聖体拝領を私は悲しんでいる。見かけだけのことならば、初めからミサをしないほうが良い。私を受ける気持ちがとても希薄である。私はそんな人たちの中に入る事はいやである。まともな告解をしていないのに、適当に2つ、3つ告白をしただけで、司祭のほうも、ただ聞いてうわべだけの許しを与えて終わってしまう・・。いや、もっと今の信者は告解すら行かずに私を受ける。

 聖職者や修道者、一般の信者模範になるべく者たちが、適当にミサをする。それを一般信者たちも正しいと思って従ってしまう。とても責任が重い。私は何のためにミサをあなたたちに託して(たのむ)いったのか、もう一度思い出してほしい。これは、ただのお遊戯(おゆうぎ)ではない。

 司祭は1人1人集中して命がけでする、本来の姿にもどってほしい。自分の事だけを考えて、ただ過ごせばいいという、注目をあびるだけの行動になってしまっている。そんなところに私はいると思うのか? 今、たくさんの聖職者が地獄に落ちている。落ちたあとに気がつく、それではおそい。

 私はいつも耐えている(がまんしている)だまってされるままになっている。とても忍耐している。私を受ける時に、なぜ手のひらに受けるのか? なぜ聖体拝領の時、自分の手のひらをわざわざ使うのか。そんな事は必要なかったはずである。

 神学者、聖職者そして周りに影響を与える身分の今の腐敗した教会の司祭、一般信者に影響がある者たちに、もう一度言う。「私は活ける(いける)パンとして、皆のところにとどまっている。」ただのパンなのか? 私は薬なのか? ただ決められた時に儀式的に飲めば良いだけなのか? 私を拝領しにくる人々の様子を見ていると、とても苦しいものがある。片方ではミサのあとの事をずっと考えている者、またある者は自分の見られかたをずっと気にしている者、こちらにだれ一人、集中して心からあずかる者はほとんどいない。私はおりの中にいる動物なのか、私の前でさわぐだけさわいで帰って行く。

 だれが私をなぐさめてくれるのか。司祭も私に背を向けてしまっている。そして私はどんどんすみに追いやられて独りでいる。ここは社交場にいつからなったのか。私に会う目的で来るのでなければ、どうか好きなところに行って楽しんでほしい。

 自分は良いキリスト信者と思っている人たちに言う。何も知らない若者たちのほうが、よほど私を大切にしてくれる。ここは集会所ではない。もう一度言う。私はただのパンではない。私を受ける時には、本当にへりくだって受けてほしい。私は皆の心を良く見ている。多くの人の心の中に、我慢をして入る。そんな人たちの中に入りたくはない。どうかもう一度、自分たちが洗礼を受けたばかりの頃の熱い心に戻ってほしい。特に一般信者の模範になるべく聖職者たちに言う。今日はこのことを言いたくて来た。

ジャン・マリー司祭
「イエズス、カリスとパテナを買うタイミング、名古屋用のものをそろえるタイミングになっているか教えてほしいんだけど。そしてもしかしてコルベ・マリーとロンジン・マリーとフランソワ・マリーが同時に個人用のものをそろえるタイミングがきているか、それともいつなのか教えてほしいんだけど。それとパソコンのサミュエラDVDのトラブルに関して、どこがこわれてるの?どうしたらいいの?修理に出す?それとも何かの、ここで買わせるトラブルなの?おしえてほしいんだけど・・。」

イエズス
「カリスとパテナを買う時期というのは、この先もっと入手が困難になると思う。初代教会のように、本来ならばとてもシンプルなもので、食事をしていた時に使われていたものを私は使った。入手が困難であれば、今もっているものを使うことで良い。
 パソコンの事に関しては、ハードディスクの問題、いろいろな情報がネット上にあるので参考にしてほしい。修理に出すというのも1つの手段ではあるが、あまりお金をかける事はしないでほしい。他の面では使える思うので、マリア・アントニアの持っているパソコンと、2つをそれぞれの役割で使い分けてほしい。」

ジャン・マリー司祭
「昨日マリアママから言われた堕胎の事、今日イエズス、あなたが言ってくれたこと、Youtubeに出してほしい?僕が朗読する。もしその堕胎の現場を見た理枝ちゃんの体験談を話すことをお望み?またそれは公式声明として出す?それともYoutubeに出すだけにする?」

イエズス
「わが息子の考えている事をそのまましてほしい。祝福する。父と子と聖霊とのみ名によりて、アーメン。」

状況説明:
えーっと、今日のとても悲しんでいるイエズス、すごくさみしそうな感じだった。で、何をやっているんだっていうことを言いたそうな声だった。今日はご出現の声を聞いていた時に、ヴィジョンがあって、イエズスのご聖体の位置から信者の席を見ている、そういう視点で、司祭が信者のほうを向いてミサをしている。イエズスに背を向けてミサをしているっていうのを見せられて、そういう映像を見ながら聞くという感じだった。
posted by こるべまりい at 22:41| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする