2019年02月27日

2019年2月27日 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネが 日本の清めについて伝えます。

2019年2月27日 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネが 日本の清めについて伝えます。

@ まず、天から火が降って、日本中、すべての神社、仏閣、やしろ、ほこらを焼きはらい、燃えないもの たとえば地蔵とか鳥居とかは、こなごなにくだかれます。すべての家庭、事務所、店舗、工場にまつってある神棚の御神体、おふだ、おいてある仏壇の仏像と位牌を、あとかたもなく燃やしてしまうか、こなごなにくだいてしまいます。個々人がもっているお守りも燃やしてしまいます。いれものは破壊しません。あとでそこに聖母マリア像とか十字架とか聖画が かざられるようになるからです。

A そうしてる間に、天地の創造主、唯一でまことの神に逆らった人々、はなれた人々、その神がたてて送った預言者であるジャン・マリー神父に悪いことをした人々に、全身にうみがでる悪性のはれものがでます。このはれもので24時間以内に死ぬ人もいます。死なない人は、本当に心からくいあらためないかぎり、一生このはれもので苦しみつづけます。どんな薬も効きません。

B そして、日本中のすべての人に、神であるおん父がひとりひとりに声をかけます。おん父は、それぞれの人にくいあらためるようにと語ります。

C それでも多くの人が改心しなかったら、日本全土の3日間の暗黒と、関東と関西の大地震と大津波があります。

Ca まず伊豆を震源に大地震がおきます。東京都全域、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県がやられます。津波で東京都、千葉県、茨城県、福島県、宮城県、神奈川県、静岡県がやられます。この地震は東海地震ではありません。

Cb 次に日本全土が3日間、暗黒におおわれます。

Cc さらに暗黒の最中、関東の地震から2日後に 関西の大地震が淡路島を震源におきます。大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県がやられます。津波で上記の県がみなやられます。滋賀県は琵琶湖の湖水でやられます。この地震は東南海地震ではありません。

 時期はもうまぢかです。関西の大地震のほうが 関東の大地震よりも死者が多いです。
posted by こるべまりい at 16:15| 秋田 ☁| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

天からのメッセージ 2019年2月25日 PM7:28

2019年2月25日 PM7:28

マリアママ「もし、このまま悔い改めなければ、三日間の暗闇がのぞみます」


旧約聖書 出エジプト記 10章21-29節

 主はモーセに言われた。「手を天に向かって差し伸べ、エジプトの地に闇をのぞませ、人がそれを手に感じるほどにしなさい。」 モーセが手を天に向かって差し伸べると、三日間エジプト全土に暗闇がのぞんだ。人々は三日間、互いに見ることも、自分のいる場所から立ち上がることもできなかったが、イスラエルの人々が住んでいる所にはどこでも光があった。

 ファラオがモーセを呼び寄せて、「行って、主に仕えるがよい。ただし、羊と牛は残しておけ。妻子は連れて行ってもよい」と言うと、モーセは答えた。「いいえ。あなた御自身からも、いけにえと焼き尽くすささげ物をいただいて、我々の神、主にささげたいと思っています。我々の家畜も連れて行き、ひづめ一つ残さないでしょう。我々の神、主に仕えるためにその中から選ばねばなりません。そこに着くまでは、我々自身どれをもって主に仕えるべきか、分からないのですから。」

 しかし、主がまたファラオの心をかたくなにされたので、ファラオは彼らを去らせようとはしなかった。ファラオが、「引き下がれ。二度とわたしの前に姿を見せないよう気をつけよ。今度会ったら、生かしてはおかない」と言うと、モーセは答えた。「よくぞ仰せになりました。二度とお会いしようとは思いません。」

posted by こるべまりい at 17:02| 秋田 ☁| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天からのメッセージ 2019年2月1日 AM2:36

2019年2月1日 AM2:36

マリアママ「日本のことでいいます。日本人はあいまいな民族とされています。それが美だともされています。愛する我が息子がきのう言ったように、日本人はアブラハムの子なのです。失われた10部族のベンジャミン族なんです。ですから、まことの神にたちかえらなければならないのです。

 徹底的な清めというのは、どこの国にもおこっていません。日本人がイスラエルの10部族の中にいる民なので、神はこの民を使おうとされています。よく、この宗教だけに、こしつするのはやめて下さい、自由に宗教を信じることが大切なんです、という声を聞きます。さきほどの理由でのべたように、日本人はベンジャミン族のまつえいなのですから、まことの神にたちかえる必要があります。

 日本人のなかで、伝統的にまもってきた仏教や神道の遺産とか、どうなるんですか?といわれるでしょう。それも、神は破壊されます。神は、偶像崇拝をする民に対して、がまんできないのです。ですから、日本人がどうしても神である主にたちかえらなければなりません。

 おしつけだといってはなりません。初代の天皇と、預言者が、まことの神を信じていたのは事実なんです。このベンジャミン族なんですが、イエズスを十字架刑にしなかった人たちがいました。イエズスのことで殺すことに賛成しなかったユダヤ人たちがいます。日本人はイエズスを殺さなかった民族になります。

 この時の終わりにあたって、神がまことの支配者であって、ご計画をすいこうされるかただということを、この民族に知らせるために、リトル・ぺブルさんを信じるわずかな人たち、ペトロの箱舟の乗組員をつかうことにしました。わが息子をはじめとする、この人々は、まっすぐに神を愛し、自分の罪の弱さにもくじけないで、日々、戦っています。

 超最低最悪のあつまりとされされているペトロの箱舟ですが、みんなが神にたちかえってくれることを願っています。ですから、みなさん、まことの神である御父のもとにたちかえって下さい。祝福します。司祭の祝福を、徹底的な清めにあう人々、又、災害にあう人々におねがいします。(祝福)
posted by こるべまりい at 17:01| 秋田 ☁| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする