2016年09月02日

獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ 2016年8月31日

獣のフランシスコにけんかを売る公のメッセージ

2016年8月31日 PM9:21
ペトロにーちゃんのご出現
マリア・アントニア「ツイッターで、コルベ・マリーが出す文章とか、今後、けんかを売る、敵にまわす方針の、そういう文章を、これでいいか?ってペトロにーちゃんに聞いていて、そして、もっとやってほしいか?って、ジャン・マリーが聞いて、その返事があるか待っていたら、「見ないで信じる者は幸いである。」と聞こえてきた。私は、意味がわからなかったんだけど、ジャン・マリーが質問したことに対しての返事としては、私には、わけがわからなかったから、「意味がわからないんだけど・・。」って、続きを待っているところ。

ペトロにーちゃん「かっこたる証拠もないのに、ただ信仰のみで従い、戦い、信頼をし、希望を持ち続けることのできる人たちは幸いである、という意味で、話をした。わが息子とコルベ・マリー・ジョンの戦略は、大いに結構なことで、ひるむことなく、ちゅうちょすることなく、突っ込んでいってほしい。一見、性的な問題をかかえている人々と、教義についての事で、何もつながりがないように感じると思うが、共通して言えるのは、神であるイエズスの限りないいつくしみを大切に伝えていかなければならないこと、目を閉じて、自分の心の中の何かをとらえようとする心、人間独自の魂に働きかけるやさしい天の御父のかたりかけを思うと、別々に考える必要がないことがわかる。健闘を祈る!司祭の祝福を、箱舟の8人にお願いする。」

マリア・アントニア「状況説明。まさかこんなに長くなるとは思わなかったんだけど、少しの言葉だけだと思ったんだけど、始めに一言だけ聞こえてきたから、すぐに終わるのかなって思っていた。待っていたら、予想以上に長く話をしてくれた。今日は、おだやかに、静かにお話しをしてくれた。ヴィジョンは、今回は何もなかった。ちょっとひとこと言いたかったみたいで、お話してくれて、皆に祝福をしてくれた。また来てくれるよね?って思いながら聞いていた。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福。箱舟の8人のうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

posted by こるべまりい at 19:00| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック