2017年07月03日

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2017年6月30日

2017年6月30日 
マリアママの御出現

ジャン・マリー神父「イエズスの御水に対する礼拝について、何か教えてちょ。それについて、御受難のマリア・アントニアがどう用いられるの?ファウスティナとのつながりは?神の御いつくしみの信心はすばらしいんだけど、カトリック内にのみにしか届いてないのでは?」

ma_001.jpg

マリアママ「御子イエズスご自身のものであるわき腹から流れ出た御血と御水は、イエズスそのものですから、大変なめぐみとみいつに直結しています。『御聖体と同じく、イエズスそのもので、神そのものである』と、関わりを持つ必要がある人には、自然と理解する、悟ることが出来るめぐみが与えられます。

ma_002.jpg

 神学者たちの難しい言葉では、わかることが出来ないことでも、私的けいじを受け入れる人は、神のみわざであることが教えられます。人間的に説明が出来なくても、罪の汚れを洗い流してくれることや、愛そのものであるイエズスの許したいという、いつくしみの深さが計り知れないことを、心の中、霊魂に直接、伝えられます。知ってしまうと、気絶をしてしまうことでしょう。

 マリア・アントニアには、御水については、絵でも描いたことがあるように、水の色とされる、水色のような青い色で見せられました。御聖体から水色の光となって出たものは、描いたものを指していますが、御体からほとばしり出た御水と同じことを表したものです。うまく説明が出来ないままでも霊魂には理解させられます。

 体液は、普通の水とは違って、とても神秘的なものです。けいやくのひつの上に、今も新鮮なまま残されている御血のように、その中に少し含まれています。そして生き続けています。

 マリア・アントニアには、最低最悪な霊魂に対しての神のやさしさをおしえられることでしょう。ファウスティナと共通して、やさしさを知っていきます。そしてマルガリータ・マリア・アラコックのように、みこころを、炎の熱のように、心に感じることも体験していきます。イエズスのご受難を体感します。わが息子が感じているように、広まることを押さえつけられています。あらゆる宗教にねじまげられて、間違って他のものとなってしまっています。カトリック内でも否定されています。広めたくないと思っています。」
posted by こるべまりい at 12:29| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック