2018年05月10日

マリアママのご出現 リトル・マグダレーナを通して

090731_0523~02.jpg

2018年5月10日(木)PM7:10

リトル・マグダレーナの左目から涙

マリアママ「マリアママが泣いています。二人のリンボーに対する愛に感謝しています。悲しいことがあっても、天に目を向けてくれるのでうれしいです。あるきっかけがあって、■■■■と話せたらいいのですが、今は残念です。話すことはできません。■■■■は、本を読むことで、イエズスと向きあえるでしょう。一人になった■■■■のことを、悪まは攻撃しようとしますが、できません。彼女のつよい信仰が、悪まの力をふみくだきます。

 ですから、みなさん、彼女のたくましさに、よろこんであげてください。一人になった彼女は、イエズスへのあこがれを、さらに、ますでしょう。子どもたち、天使と悪まのたたかいを見ます。天使は力強いです。悪まは、ねじまがった知恵で、愛しあう子どもたちをふみくだこうとしますが、天使には勝てません。イエズスのみ名で武そうしたものは、たちあがってたたかいます。

 ■■■■のパラダイス行きが近づいています。リトル・マグダレーナも、今日、いじわるな悪まのいちゃもんを聞きました。悪まは、自分のさいごが近いと見てとって、リトル・マグダレーナを絶望へとひきこもうとしました。しかし、愛する我が息子の祈りによって、粉砕(ふんさい)されました。それで、今日、愛する我が息子にプレゼントが与えられました。リトル・マグダレーナの口びるとひとみを見ました。パラダイスに行ってからの、リトル・マグダレーナです。勝利はまぢかです。

 クララ・ヨゼファ・メネンデスの涙も、聖母は見て知っています。■■■■が■■■■を出てから、自由になって、愛する子どもたちと通信できるようになって、楽しいことをたくさんかんがえたとおもいます。でも、いじわるな人たちによって、その思いはふみくだかれてしまいました。

 天は、もうすぐ、なぐさめを与えます。■■■■も、たくさん泣きました。昨日、今日と、たくさん泣いたと思います。子どもたち、聖母は、愛しています。■■■■が、この世の残酷さからまぬがれるように、たたかいを見ないように祈ってあげて下さい。彼女の人生は、十分、たたかいでした。それで、御父のひとことがあれば、二人のパラダイス行きは、現実のものとなります。もう、それがまぢかです。

 ペトロのはこぶねの子どもたちに対する迫害がはじまっています。ネットでの活動を停止させる動きです。子どもたちがネットから身を引けば、かきたいことを、かきたいだけかきます。残念ですが、■■■■もそのひとりになりました。コルベ・マリーとロンジン・マリーとフランソワ・マリーが、立ちあがって、彼らをなじる文章を書けば、ことはだいぶ変わります。

 愛するわが息子をいためるためのネットの活動もされていますが、そのことについても、いつまでもつづくわけではありません。ネットがつかえなくなったら、彼らはもう何もできません。災害によって、そのことは起きるでしょう。中傷した人たちへの、ある意味、罰です。

 天のおん父は、子どもらがした書きものや言動を、ひとことも、みのがしてはいません。彼らに、くいあらためを、よびかけました。しかし、エスカレートするばかりで、やめようとしませんでした。天のおん父は、ご自分が神であられるということを、お知らせになります。

 ペトロのはこぶねの子どもたちが、苦しみ、叫んだ祈りは、天に届いています。ペトロのはこぶねの子どもたちに、ひなん場所が与えられます。愛する我が息子が、東北地しんの時に、えん助しなかったとか、災害がおきたのになにもしなかった、という話しもされているようで、そのことについての天の弁明を聞くことになります。

 子どもたち、天のおん父は、慈悲ぶかいかたですが、正義の神でもあります。あわれみを求める人には、たくさんのあわれみをもってこたえてくださいます。しかし、あわれみをもとめないで、さばくことばかりをのぞむ人がいるなら、その人たちに対しては、こらしめがまっています。このことをよくおぼえておいて下さい。ぺトロのはこ舟の子どもたちを祝福します。司祭の祝福を、ぺトロのはこ舟の子どもたち全員におねがいします。(祝福)
posted by こるべまりい at 23:06| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

恋ダンス踊ってみた by クララ・ヨゼファ・メネンデス

2017年2月16日 PM9:48
マリア・アントニアに与えられた、個人的なローキューションのあと、フルミナウスちゃんのご出現

フルミナウスちゃん「クララ・ヨゼファ・メネンデス、1000回、超えたね。おめでとう。ジャン・マリー神父様にすべてをあずけ続けてください。あなたの献身ぶりは、すべてヨゼフ様が知ってくださっています。悩み等も、涙も、すべて受け取ってくださっています。安心して歩み続けてください。」

posted by こるべまりい at 16:57| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2016年6月5日

2016年6月5日 PM6:03
ヨゼフパパのご出現

ジャン・マリー司祭「ヨゼフパパ、ヨゼフパパスペシャルの日っていう、これから、まずここで始めること、どお?どお思う?」

ヨゼフパパ「わが息子の質問に、ヨゼフが答える。私のために、特別な日を、祝ってくれている事を、とても嬉しく思っている。マリアと共に、私の存在も消し去られているような状況で、とても残念に思っている。わが息子は、私の事を、昔からとても慕ってくれている。私の愛する妻のクララ・ヨゼファ・メネンデスも、毎日のように私に話してくれている。リトル・マグダレナも同様に、ユニークな祈り方で、慕ってくれている。箱舟の8人の子供達、私は、どんなに嬉しく思っていることか、私も数々の困難に逢ってきたが、あなたたちのように、信頼と希望を持ち続けていた。天の御父の、完璧なみ摂理に、これからも信じきってついて来てほしい。これからも決して、傲り高ぶることなく、謙って、私のもとへ来てほしい。わが息子の体力も限界に達している事も、とてもよく知っている。嵐の中を飛ぶ鳥のように、勇敢であり続けてほしい。そして、小さな子供のように、疲れたら素直に休む。それを、私はマリアと共に望んでいる。マリアと同じく、私の心の中にも、ここの8人、すべてを深く入れている。小さな事から、あなたがたの私に望んでいる事を、イエズスと同様によく知っている。八方塞がりになったように思えても、信頼と希望を、これからも持ち続けてほしい。天の御父のご配慮で、必ず良かったと思う時が来る。私をマリアと共に慕ってくれている事を、とても嬉しく思う。司祭の祝福を、8人にお願いする。」

ジャン・マリー司祭「全能なる天主にまします、父と、子と、聖霊との祝福。8人のうえにくだり、つねにとどまらんことを。アーメン。」

ヨゼフパパ「イエズスとマリア、そして私の御心の絵を、シンボル的に飾ってくれている事を、とても喜んでいる。リトル・マグダレナも、長く待っているように思うと思うが、必ず終りがあるので、信じて従い続けてほしい。わが息子の、望んでいる数々の事も、天の御父は、叶えてあげたくて仕方なく思っている。これからもユニークな祈り方で、天を楽しませてほしい。最後に、クララ・ヨゼファ・メネンデスに、いつもあなたを包み込んでいる事を伝えてほしい。」
posted by こるべまりい at 22:49| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする