2019年12月29日

2019年12月28日(土) AM9:00 アッバおとうちゃんのご出現

WS000074.JPG

http://charbeljapan.world.coocan.jp/lmlj_index.html

アッバおとうちゃんのご出現
「聞け、わが愛する子らよ。特に日本の子らよ。リトル・ヨハネ・ジャン・マリー、聖なる司祭、私の送った預言者のことばを聞け。

世の救いをもたらすために、救い主をおくった。だが、世の楽しみのためにすりかえられた。とくに日本は、私欲のために悪魔のてさきとなり、天とかかわることすべてをすげかえられた。

我が息子ジャン・マリーを通して、預言者を通して、世に伝染してしまった悪(あ)しきものを、天からではないものを、世の子らにしらせるために送った。

聞きなさい。ただただ、一人でも多くわが子らを、霊魂のやすらぐ我が心に、母のたいのような、愛にくるまれた私のところに帰ってきてほしいのだ。

この世はこんとんとしており、我が子らは、何を信じてよいのかわかっていない。私のおくった預言者のことばを信じなさい。真実である。導かれなさい。決して悪いことはおこらない。

私は、救い主をおくった。イエズスをおくった。あなたがたの心にだきとめなさい。

教会はイエズスを拒絶した。悪魔は、まんまと人間の欲の心をつかみとめた。イエズスがいるのに、他に何をもとめるのか。天のすることをよくよく見なさい。イエズスをすてたことで、聞かないあなたがたに、聞かせ、見せよう。
私は真実でないものを、ことごとくほろぼす。目で見ないと信じないものたち、私のなげきを知りなさい。日本の清めをどんどんすすめる。

さいごのさいごになるまえに、私のおくった預言者のことばを信じなさい。ムーや、アトランティス、ソドムとゴモッラのようにならないように。

私はいつもこの手を広げ、待っている。

祝福する。司祭の祝福を、特に我が愛する日本の子らにねがう。

「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝ら 日本の子らの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

我が愛する、もっともかわいいペトロの箱舟の子どもたち、やんちゃだが、かわいい子らよ。とんでもばなしを信じつづけ、よくついてきてくれた。しれんは多くなっていくが、楽しくくぐりぬけるであろう。おおいに楽しみなさい。希望をもちつづけなさい。それぞれの個性は、私のたのしみであり、よろこばしい。私があなたがたを手ばなすことは、けっしてない。私からのプレゼントをまちなさい。もうすぐだ。みなのささげものを感謝している。みなのえがおも、よろこびである。

私のおくったイエズスを、ヨゼフのようにそだててほしい。

愛している。祝福する。司祭の祝福を、ペトロの箱舟の子供たち、リトルの子ら全員にねがう。

「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝ら ペトロの箱舟の子供たちの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

我が愛する息子ジャン・マリー神父。これからも、ネットを通して、どんどん伝えていってほしい。心を動かされている者らが出はじめている。悪魔のわるだくみをばくろし、道をふさいでほしい。必死になっている悪魔は、攻撃をしかけてくるが、ゆるされている範囲内だ。そのまま進んでほしい。総背番号制、マイナンバーの話をしてほしい。政府と悪魔が手をくんでいることがわかるだろう。
我が愛する息子ジャン・マリー神父を祝福する。父と、子と、聖霊とのみなによりて、アーメン。

これでおわる。

状況説明
朝、聖体拝領の前に、アッバおとうちゃんからのメッセージがあるよと言われた。「えーっ」と思ったが、まっていた。
霊的聖体拝領がすんで、しばらくすると、「聞け」と一言あったので、祭壇に向かい、準備した。

声の低い、おごそかって感じ。でもこわくなかった。ひさしぶりに聞いたな。

すべてを知っているアッバおとうちゃん。先が見えているのに、少しずつ少しずつ、こだしにしてるけど、これからおこることを、悲劇ではなく、楽しみにまちなさいって。

イエズスを与えたから、自分でそだててごらんって。イエズスにおちちをあげたり、おむつをかえたり、たのしそう。ヨゼフパパも同じようにおせわしたんだなー。アッバおとうちゃんは、こんな楽しみかたもプレゼントしてくれた。

日本人は、欲にはしるから、こんげんは悪魔からのものだということを、ここからはっしんして、しらせてほしいって言われた。

さいごに祝福してくれてありがとう。変容、まってます。


2019年12月28日

2019年12月27日 アンナ・カタリナ・エンメリックねーちゃんの天からの公のメッセージ

WS000071.JPG

「愛するロンジン・マリー、アンナ・カタリナ・エンメリックです。はじめてですね。私はイエズスと共にいました。なぐさめを受けながら。はげましも受けました。たまものをもらったことで、まわりからばかにされ、ばとうをあびせられました。

私が知られるようになったことは、私自身、知りません。私にだけあたえられたプレゼントだと思っていました。私を知らせることはしませんでした。まわりからは、きいに思われ、気ちがいと思われました。

聖家族を見せられ、私に対する苦痛は感じませんでした。聖家族を、みなが見られたらよいのにと。みなが、聖家族のように楽しく暮らせたらよいのに。

今、生きている家族は、冷たく、かなしみにあふれています。それぞれがなぐさめられていません。くらやみです。家族を演じているのです。みせかけの家族です。そこには愛はありません。うらみ、にくしみ、ねたみを教えています。愛をおしえません。聖家族を見ることができたなら、どんなにしあわせなことでしょう。

家族がくずれれば、国はほろびます。愛をつたえて下さい。聖家族のことをつたえて下さい。かわいいイエズスは生まれたばかりです。イエズスを愛して下さい。イエズスは苦しんでいます。悲しんでいます。イエズスが、今の教会にいないことを悲しんでいます。イエズスのもとに帰ってきてください。」

「ペトロの箱舟のこどもたち、愛にあふれ、楽しく過ごしていることを、よろこんで見ています。今日、ロンジン
・マリーに声をかけました。ヴィジョン、ローキューションが、どんどん発展していきます。むずかしく考えず、おきらくにしていてください。私もそばにいて、てつだいます。祝福します。司祭の祝福を、ペトロの箱舟の子供たち全員におねがいします。」

ロンジン・マリー「他にある?」と聞くと、

アンナ・カタリナ・エンメリックねーちゃん「ロンジン・マリー、とにかくあせらないように。」

状況説明
朝の聖体拝領の時、女の人の声で「ロンジン・マリー」と呼ぶ声を聞いて、確認してもらったら、アンナ・カタリナ・エンメリックねーちゃんだった。お出かけのあとにメッセージがあると言われたけど、忘れてしまって、夜、帰って、寝て、告解のあとに、待っていてくれた。そしてメッセージをくれた。最初、やさしく呼びかけられたので、マリアママと思っていたぐらいに、おねえさんのようにあたたかくつつんでくれるような話し方。

くずれてしまった今の家族を、天がなげいていること。愛がなくなって、外見や物欲に、はしっていること。国がほろびるのも、家族のあり方がまちがって、失いつつあることをおしえてくれた。「どんなに聖家族を見てほしいことか」と。見られることが出来たらと、エンメリックねーちゃんが伝えに来てくれた。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。