2018年06月12日

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

2018年5月26日(土)AM12:15

リトル・マグダレーナ「ジャン・マリー、目にあったかいものがあるんだけど。ずっと。」

マリアママ「脱魂」

リトル・マグダレーナ「どんどんうごいていって、煉獄にいくみたい。」「祈って下さいっていう人がいる。会った。」

「神さまをいっぱい悲しませちゃいました。修道女です。」

リトル・マグダレーナ「今、一人がおわって、私も修道女ですっていう人が来た。」

「おこたりの罪を何どもおかしました。それと神さまを一番あこがれなければいけないのに、それとはまったく逆で、あこがれるどころか、イエズスに対して忘恩の言葉をいっぱい言いました。地獄に行きそうでしたが、あわれみによってすくわれました。

 みなさんに言いたいことがあります。イエズスは、だれからも、一番、愛されたいと望んでいます。イエズスのことがよくわからない人、イエズスよりも、他の聖人に行きやすい人は、その聖人を通して、イエズスがどういう方かを知ってほしいのです。

 イエズスは、神ちゃまだから。こわいと言っている人、その人も、聖人をとおして、又、マリアママを通して、ヨゼフパパを通して、イエズスが、愛にうえている方だということをしってほしいのです。

 イエズスが、私たちにいだいている愛は、とほうもない愛で、心が燃えてしまいそうです。ある神秘家は、イエズスの一致のほのおで、心がとけてしまったと言っています。ひとりひとりのれいこんにあったしかたで、イエズスは、はたらかれます。イエズスのもとに来て下さい。私のために祈って下さい。」

リトル・マグダレーナ「お名まえは?」

「アガタといいます。れんごくのそこには落ちませんでしたが、長いこととどまっています。解放を願っています。祈って下さい。」

ジャン・マリー「最初に会った人の名まえは?」

「ルチアです。」

リトル・マグダレーナ「今、暗いところを出て、明るいところにきた。すごい、なんか、かいかつな女の子が、「マリア様が大好きで」ではじまった。

「いつもマリアさまに祈っていました。祈るのが当然だと思っていました。マリアさまのことが、そんなに好きでない人にであった時、私は、マリアさまのことを好きにならなきゃダメよ。と言いました。その女の子は、どうして好きになれないかを言いました。お母さんとのかさねあわせで、マリアさまがこわいと言っていました。私は、いっしょに祈りましょうと言いましたけれど、その女の子は、祈ってはくれませんでした。

 私は、そのあとずっと、女の子のことが気になって、助けて下さるようにと祈っていました。私みたいに、すなおにマリアさまが好きになれる人と、そうでなくて、傷がもとで、マリアさま恐怖症をかかえている人がいるんだとわかりました。

 みなさんにおねがいがあります。日本人は特に、天の父なる神さまのことは、あまりよくわからないとおもいます。あわれみぶかくて、罪をゆるして下さる神さまだけでなくて、本当に痛悔する人、へりくだる人がいると、愛のまなざしを、いっそう強めて下さいます。

 アッバお父ちゃんは、ユーモア好きです。こんなこと言っていいのっていって思って、口に出したら、それが、みんなをどっと笑わせるあたたかいおはなしだったりしますよね。アッバお父ちゃんは、みんな子どもたちを愛して祝福しています。神さまがわからなくて、じょうだんを言ったりして、ある時、傷ついた人がいるかもしれません。

 日本人は、神さまというと、遠い存在で、罰するかたとしかみえていません。いつくしんで下さるということが、わからないのです。神さまを知るには、やはり、おん子イエズスさまを知る必要があります。

 イエズスさまご自身が、おん父のことをはなしてくれます。又、神父さまや、このペトロのはこぶねの、のりくみいんたちが、はなしをしてくれます。ひとりひとりの体験談は、すごく個性があって、みりょく的です。どうか、アッバお父ちゃんに甘えて下さい。ヤシンタからのおねがいです。おわり。」

リトル・マグダレーナ「煉獄から出た。」「今、ずっとうごいてね・・」「パラダイスに行くよっていってる。だれか、ケルビムちゃんがおしえてくれた。」

「すごい階段をあがってるような感覚。前がすごい明るくなってきた。まよなかなのに、こんなに明るい。リトル・マグダレーナは、パラダイスに行ってから、色がわかるようになるので、今は、明るいとか、暗いとかしか言えない。

 ほんのちょっと暗くなってきた。パラダイスにいるんだけど、ジャン・マリーのお母さんの声が聞こえた。『祈ってくれてありがとうって。私、しあわせだ。』そうお母さんは言った。静子さん、うれしそう。まさえちゃんといっしょにいるみたい。

 マリアさまが、今日はこれを見せたくて、パラダイスに連れてきました。我が息子といっしょによろこんで下さい。もう、脱魂は終わったみたい。」



posted by こるべまりい at 13:11| 秋田 ☔| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

マリアママのご出現 リトル・マグダレーナを通して

090731_0523~02.jpg

2018年5月10日(木)PM7:10

リトル・マグダレーナの左目から涙

マリアママ「マリアママが泣いています。二人のリンボーに対する愛に感謝しています。悲しいことがあっても、天に目を向けてくれるのでうれしいです。あるきっかけがあって、■■■■と話せたらいいのですが、今は残念です。話すことはできません。■■■■は、本を読むことで、イエズスと向きあえるでしょう。一人になった■■■■のことを、悪まは攻撃しようとしますが、できません。彼女のつよい信仰が、悪まの力をふみくだきます。

 ですから、みなさん、彼女のたくましさに、よろこんであげてください。一人になった彼女は、イエズスへのあこがれを、さらに、ますでしょう。子どもたち、天使と悪まのたたかいを見ます。天使は力強いです。悪まは、ねじまがった知恵で、愛しあう子どもたちをふみくだこうとしますが、天使には勝てません。イエズスのみ名で武そうしたものは、たちあがってたたかいます。

 ■■■■のパラダイス行きが近づいています。リトル・マグダレーナも、今日、いじわるな悪まのいちゃもんを聞きました。悪まは、自分のさいごが近いと見てとって、リトル・マグダレーナを絶望へとひきこもうとしました。しかし、愛する我が息子の祈りによって、粉砕(ふんさい)されました。それで、今日、愛する我が息子にプレゼントが与えられました。リトル・マグダレーナの口びるとひとみを見ました。パラダイスに行ってからの、リトル・マグダレーナです。勝利はまぢかです。

 クララ・ヨゼファ・メネンデスの涙も、聖母は見て知っています。■■■■が■■■■を出てから、自由になって、愛する子どもたちと通信できるようになって、楽しいことをたくさんかんがえたとおもいます。でも、いじわるな人たちによって、その思いはふみくだかれてしまいました。

 天は、もうすぐ、なぐさめを与えます。■■■■も、たくさん泣きました。昨日、今日と、たくさん泣いたと思います。子どもたち、聖母は、愛しています。■■■■が、この世の残酷さからまぬがれるように、たたかいを見ないように祈ってあげて下さい。彼女の人生は、十分、たたかいでした。それで、御父のひとことがあれば、二人のパラダイス行きは、現実のものとなります。もう、それがまぢかです。

 ペトロのはこぶねの子どもたちに対する迫害がはじまっています。ネットでの活動を停止させる動きです。子どもたちがネットから身を引けば、かきたいことを、かきたいだけかきます。残念ですが、■■■■もそのひとりになりました。コルベ・マリーとロンジン・マリーとフランソワ・マリーが、立ちあがって、彼らをなじる文章を書けば、ことはだいぶ変わります。

 愛するわが息子をいためるためのネットの活動もされていますが、そのことについても、いつまでもつづくわけではありません。ネットがつかえなくなったら、彼らはもう何もできません。災害によって、そのことは起きるでしょう。中傷した人たちへの、ある意味、罰です。

 天のおん父は、子どもらがした書きものや言動を、ひとことも、みのがしてはいません。彼らに、くいあらためを、よびかけました。しかし、エスカレートするばかりで、やめようとしませんでした。天のおん父は、ご自分が神であられるということを、お知らせになります。

 ペトロのはこぶねの子どもたちが、苦しみ、叫んだ祈りは、天に届いています。ペトロのはこぶねの子どもたちに、ひなん場所が与えられます。愛する我が息子が、東北地しんの時に、えん助しなかったとか、災害がおきたのになにもしなかった、という話しもされているようで、そのことについての天の弁明を聞くことになります。

 子どもたち、天のおん父は、慈悲ぶかいかたですが、正義の神でもあります。あわれみを求める人には、たくさんのあわれみをもってこたえてくださいます。しかし、あわれみをもとめないで、さばくことばかりをのぞむ人がいるなら、その人たちに対しては、こらしめがまっています。このことをよくおぼえておいて下さい。ぺトロのはこ舟の子どもたちを祝福します。司祭の祝福を、ぺトロのはこ舟の子どもたち全員におねがいします。(祝福)
posted by こるべまりい at 23:06| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

ヨゼフパパのご出現

090928_1613~0003.jpg

2018年5月8日(火)

ヨゼフパパ「愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスにヨゼフが話をする。共に歩み続けてくれていることを感謝している。昨日の結婚記念日に話すことは、あえてしないことにしておいた。今日、寺沢での巡礼が終わった後に、あなたへの言葉を語ることにしておいた。

 クララ・ヨゼファ・メネンデス、私は、あなたの夫として、あなたからの愛を感じ取っている。あなたからの語られる内容は、まっすぐな正直な気持ちばかりで、本当にいとおしく、内面をそのまま伝えてくれている。もちろん、涙も、私は拭い去ってあげている。そのあなたからの愛は、私を喜ばせている。けれども、私からのあなたに対する愛は、絶え間なく降り注ぐ太陽と同じで、あなたの気付いていない時でも、眠っている時でも、愛のまなざしを注いでいる。

 私が、あなたの心の中では、大部分を占めている。そのお返しに、あなたは、常に私のいと清きみ心の中で活かされている。常に、体の不調が消え去る事もなく、悩み続けていることはわかっている。永遠に続くものではないので、私にささげ続けてほしい。

 あなたの、人に対する愛は、本当に賞賛(しょうさん)されるべきである。一人になった時の、あなたの霊魂の叫びを、私も、イエズスとマリアと共にいて、天の御父へ思いを伝え続けている。

 あなたも、ペトロの箱舟では、本当にユニークで、オリジナリティーが確立されている。私と共に、つらい時でも、歩み続けてほしい。誰かが、何を言おうが、あなたの真の心と霊魂を知っている。

 私は、あらためて、結婚の記念日を祝うプレゼントとして、あなた達が暮らしている2階の聖ひつのところに、見えないけれども、ゆりの花とバラの花を、それぞれ置いたので、覚えておいてほしい。実物を買う必要はないから、時々、思い出してほしい。指輪を口づけする時には、私は、あなたのおでこにキスをしている。

 今日は、皆で楽しく過ごしてほしい。あらためて、結婚記念日だがら、愛を伝えに来たけれども、記念日ではなくても、私の愛は変わらず、永遠であることを伝えたかった。いつまでも、クララ・ヨゼファ・メネンデスを、私は愛している。私に結婚を申し出てくれてありがとう。
posted by こるべまりい at 14:46| 秋田 ☁| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする