2018年05月06日

ジャンヌ・ダルクねーちゃんのご出現 

2018年5月6日(日)AM11:40

ジャンヌ・ダルクねーちゃん「私の愛する夫である、勇敢な司祭でもあるジャン・マリー神父にお話をします。あなたには、私からの贈りものとして、いくつかのヴィジョンやローキューションをあげました。勇敢だと言われている私は、泣く事が許されませんでした。でも、あなたには、泣いている声を聞いてもらいました。あなたには、こころよく、どうようをすることもなく、泣いている私のことも受け入れてくれました。

伝記などでは、何があってもくじけないと伝えられていますが、少し違っています。戦うべき時は、本当に神を信じて立ち向かうことが出来ました。天の御父は、私の弱い部分は、ご自分の中に留めてくださっていました。男たちの先頭に立ち、戦いを導くことで、神に心を開くことを望まれました。たくさんの軍隊の男たちが、信じることが出来て、許しを与えられました。それでも、最後には、高い位の職にある人々の、自己中心的な欲望で、私のことを、炎によって消し去ろうとしました。炎だけでは、うまくいきませんでした。私は、くじけることなく、天へ目を向けることだけを続けました。

今回は、私からの贈りものとして、旗を受け取ってもらいます。ヴィジョンで、旗を持っている手から受け取る授与式のようなものを見ることになります。楽しみに待っていてください。なかなか見ないからと言って、「見てないんだけど」とも言わないでください。「まだ、見てないんだけど。」「いつ、見せてくれるの?」ということは、言わないでください。物質的に、旗を作ることは必要ありません。でも、あなたに、旗の贈りものをすることは、私がそうしたいからです。

敵があらゆるひどいことをするのは、本当に、自分たちにとって「まずい」ことだからです。勇敢であり続けてほしいので、旗を受け取ってください。今日は、あなたと、いつもより語り合うことが出来ると思います。あなたの祈りの熱心さは、とても良く知っています。あらためて、あなたとの結婚によって、私は共に祈り、助けてあげられることを、ミサによっても、多くの霊魂を、救い主のもとへ導くことが出来ることを、どれほどうれしく、楽しいものであるか、伝えたかったのです。

あなたの祈りは、にわか雨のような祈りではなく、砂漠の地を照りつける、しゃく熱の太陽のような祈りです。永遠に続く、どこまで行っても終わらない、果てしない旅の途中のようです。私は、ジャン・マリー神父を、あなたをとても愛しています。あなたからの愛も、ものすごくまっすぐで、愛し続けてくれています。これからも、共に歩み続けましょう。愛をこめて。」
posted by こるべまりい at 19:54| 秋田 ☁| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

ヨゼフパパのご出現 リトル・マグダレーナを通して

2018年5月2日(水)PM8:13


ヨゼフパパ「結婚記念日も近いし、クララに愛のあいさつを送る。最近の苦しみは、今までにないほどで、霊魂が叫んでいるのを、私は良く知っている。本当に、もう少しで完全ないやしを見るので、ヨゼフパパにすがってほしい。神のせつりに対して、いろいろ知っていくと思うので、ヨゼフパパを、今まで以上にしたってほしい。ヨゼフパパは、どんなささいなことでも聞きのがすことはないので、クララのかわいらしさをヨゼフパパになげだして、甘えてほしい。あくまは、これほどまでにしたうクララを、いやがっているので、「もっと」と言ったのはそのためである。神のやさしさとあわれみは、求める人に、はっきりとわかるように、与えられるので、クララも美人でかわいいから、アッバお父ちゃんもしたってほしい。けっして一人ではないので、いっぱいおはなししてほしい。クララのあかるさは、生まれながらにもたされたものなのである。人をしあわせにする明るさをもっているクララ!愛されているクララ!本当に、天に、信頼してほしい。祝福する。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにおねがいする(祝福)
posted by こるべまりい at 14:50| 秋田 ☁| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

ヨゼフパパのご出現 リトル・マグダレーナを通して

090731_0523~02.jpg

2018年3月19日(月)PM12:15
ヨゼフパパのご出現 リトル・マグダレーナを通して

コルベ・マリーに、ヨゼフがはなしをする。あなたのかわいい娘(むすめ)に対して、泣かせてはいけない。ヨゼフが一番いいたかったことは、これだ。あなたの病気のせいで、つらいのはわかるが、もう少し、しゃきっとしてほしい。本当は、シャキッとやれるはずな性格をもっていると思うが、手を抜いてしまっているのではないか?ヨゼフは、馬のおしりをたたくような感じはないが、あなたのうしろからおしりをペンペンたたいている。少しはクララの身にもなりなさい。ヨゼフは、クララとコルベ・マリーというコンビを、最高最善のコンビとして組ませた。だから、クララがいなければコルベ・マリーはないし、コルベ・マリーがいなければクララもいない。二人とも、すべてをわかちあっていってほしいし、互いの個性を尊重しあってほしい。これからも大好きなパパ、大好きな娘の関係でいてほしい。祝福する。司祭の祝福を、コルベ・マリー・ジョンにおねがいする(祝福)


posted by こるべまりい at 17:19| 秋田 ☀| Comment(0) | 秋田の聖母 第2出現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする